マイカーが無いと結婚出来ない説に、ドーンと答えます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日:

突然ですが、車はお持ちですか?

都心部をはじめ、地下鉄やバスなど公共施設が充実している場所では、自家用車は必要ないですよね。

ただ、マイカーというのはある種の“モテ要素”であることは事実。

カッコイイ車に乗っている男性の方が魅力的に見えるのでは…という疑問もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな“マイカーが無いと結婚できない説”について、女性のリアルな意見を聞いていきましょう。

マイカー持ちの男性はお金に余裕がありそう

自家用車を持つとなると、様々なお金がかかります。

購入する際にかかるものから、毎月の駐車料金、燃料代、年に1度の自動車税、自動車保険…マイカーを保持しているというだけで“お金がある人”というイメージを持つ女性が多いのも納得ですよね。

「車って、何百万もするイメージ。服やバッグを買うのとは違う、財産的なイメージもあります。ドライブに連れて行ってもらえるかも?っている期待感もありますね」(20代女性・会社員)

ただ、マイカー購入のために“もしかしたらローンを組んでいるのでは…”と思う女性もいるのです。

「ローンって、言い換えてしまえば借金ですよね。交際相手が何百万も借金していたら悲しすぎます。もしもそれで交際がうまくいって、結婚までいったとき、わたしの独身時代の貯金で返済する必要とか出てきたら絶対にケンカになりますから…。多額の借金を抱えているのでは?と思ったら辛いですね。」(30代女性・公務員)

大きな買い物の代表格である自動車。

もちろん、中古自動車でモノによっては数十万で済むものもあり、ローンを組まなくても購入できるものもあります。

ただ、収入がかなり多い人でない限り、自動車はやはりローンを組んで買うのが一般的。

そのローンを気にする女性が少なからずいるということがわかりましたね。

自動車を持っている男性との交際では、ドライブデートという楽しみがある反面、経済的に不安感を与えてしまうことがあるようです。

車種によって経済状況やセンスが見える!

マイカーといっても、コンパクトなものからアウトドアにも最適な大型のものまで様々。

女性の人気も分かれる部分ですし、ボディのカラーによっても印象が変わりますし、そこで男性のセンスを伺い知ることが出来るという意見も!

「もしも、蛍光色とか奇抜な色の車に乗っていたらウッ…と思ってしまいます(笑)。カッコイイ車だとテンションが上がる一方で、逆に好みと違うような車に乗っていたら冷めちゃうかも…改造車で、ブロロロロ…みたいにエンジン音がうるさいと、迷惑ですしね」(20代女性・菓子店勤務)

頻繁に買い替えることが出来ないようなものだからこそ、好みが合わなかったと気付いたときのショックも大きいようですね。

こういう話を聞くと、マイカーを持っていたらプラス要素になることもある反面、マイナス評価につながるリスクも大いにあり得るということがわかります。

車を持っていなくても、“生活力があれば安心”です

では、マイカーのない男性に対してはどう思っているのでしょうか。

「全然、なにも感じません。というか、わたしも持っていないし。駅が近くにあって、職場との往復くらしだし…車が欲しいなとは今のところ思っていません。むしろ、車を持っているせいで維持管理にかなりお金を費やしてしまうくらいなら、車を持たずに色々楽しいことをしたいですね」(30代女性・役員秘書)

現在の生活に車が必要ないという女性は、別にマイカー保持者ではなくてもOKという意見が圧倒的。

逆に、都市部ではなく公共交通機関が発達していない地域にお住まいの女性からは、マイカーが生活には必須という意見が聞けました。

「通勤は車ですし、買い物にも車が無いとダメです。バスなんか1時間に2本くらいしかないし、そもそも駅まで遠いし(笑)。都会なら車要らないのかもしれないけど、わたしは生活のために車は絶対に必要ですね」(20代女性・100円ショップ店員)

そう語る彼女は、160万円程度の軽自動車を持っています。

3年ローンを組んで購入したといいます。

生活に必要なツールである場合は、女性もローンを組んでマイカーを購入しているのです。

よって、自分がどこでどういった生活をしているのか、そして維持管理のことを考えても必要なのかどうか…を考慮して、自家用車を持つかどうかが決まるということです。

いかがでしたか?マイカーは確かに、大きな財産として女性にとっては交際相手の判断要素のひとつになり得るものです。

でも、持って無くても大丈夫です!むしろ、保持しているからこそのローンという不安要素や、好みが合う合わないといったリスクがあるため、ない人は急いで買う必要もないので安心してくださいね。

要は、生活力です。

お互いが幸せに暮らすために、車が必要かどうかは暮らし次第ということ…もしも好きな女性が出来た際は、お互いが納得するカタチがとれるようにしましょうね。

-恋愛コラムニスト沙奈☆の婚活レクチャー

Copyright© JESTY , 2017 AllRights Reserved.